鼻水吸引器のより効率的な使い方

鼻水吸引器を使用する際の注意点

呼吸をする際は、空気と一緒に細菌やウイルスも吸い込んでいます。鼻の粘膜はこれらの体への侵入を防ぎ、粘液を分泌して細菌やウイルスを流しだす役割を持ちます。これが鼻水となって排出されていますが、ウイルスに対して抗体反応が出ている場合は鼻水の粘性が強まったり、黄色や緑色など死滅した細胞の混ざったものも見られます。赤ちゃんは鼻毛が十分に生えていないため、細菌も同時に吸い込みやすい環境にあります。体の免疫細胞の働きにより、風邪が治りかけると鼻水の粘性が増し呼吸を妨げます。また、時間が経つと乾燥し更に取りにくくなってしまうのでなるべく早くに取り除いてあげるとこが必要です。鼻が詰まっている場合にも自分で鼻をかむことができないので外部から鼻水を吸い出してあげるために鼻水吸引機があります。

鼻水を放置すると危険がいっぱいなるべく早く取ってあげよう

鼻と耳は耳管によりつながっています。耳管は耳の中の気圧の調節をしたり、耳の分泌物を喉の方に排出する役割を持っています。乳幼児の耳管は成人と比較し太くて短いため鼻水が耳へ侵入しやすく、中耳炎を起こしやすい状態にあります。また、母乳やミルクを飲む際には口が塞がれているため、鼻が詰まっていると通常通りに飲めずにぐずり出すことが多く十分に栄養補給を行うことができません。更に、睡眠の妨げとなることで体力も奪われてしまい風邪が長引くこともあります。鼻水吸引器の形状が鼻の形にフィットしていなかったり、吸引が不快であると子供に不快感を与えたり、抵抗することで更に症状を悪化させることにもなります。鼻水吸引器の特徴を理解し、それぞれに合った方法で吸引してあげましょう。

鼻水吸引機を使用する上での注意点

鼻水吸引機には口やスポイトで吸うものや電動鼻水吸引器があります。電動吸引器にも病院で使用されるようなものから、ハンディタイプの持ち運びに便利なものまであります。手動で行うものは値段も手ごろで場所を選ばず使えますが、口で吸うものは大人にウイルスが感染しやすかったり、吸引力が弱かったりとデメリットもあります。また、吸引機の形状によっては鼻の粘膜を傷つけてしまう可能性がありますので、深くに指しすぎないように注意が必要です。乾燥していると粘膜を傷つけやすいため入浴後やタオルで鼻を湿らせるなどの準備をしましょう。また、鼻から吸引することで耳の中は陰圧になります。強く吸いすぎると耳にも影響が出てしまうので手動で行う場合は一度に長く吸わずに5秒程度で休憩をはさみながら行いましょう。

赤ちゃん向けの電動鼻水吸引器をお探しなら吸引力の強い「メルシーポット」をお買い求めくださいませ。 メルシーポットなら自宅で簡単に鼻水吸引ができます。 医療機器ならではの厳しい検査基準を採用しており、人の目でもチェックしているため安心してご利用いただけます。 楽天でお買い求めいただければ今ならポイント5倍、送料無料、当日出荷可能!お得がいっぱいです!! 鼻水吸引器でお鼻すっきり生活

Scroll To Top