誰も教えてくれない鼻水吸引器の基本

鼻水が詰まっていると呼吸をするのがとても大変になります。特に赤ちゃんは自分で鼻をかむことができないので、大人がなんとかしてあげなければいつまでたっても呼吸は苦しいままの状態が続いてしまいます。そうなるとなかなか寝付いてくれませんし、見ていてもかわいそうになってしまいます。そこで鼻水をすっきりさせてあげるために吸い取ってあげるわけですが、いくつかの道具や方法があるのでやりやすい方法を選んでいてください。ただし赤ちゃんの鼻の粘膜は弱いので、強く吸引してしまったりすると粘膜を傷つけてし合ったりして逆に赤ちゃんを苦しませてしまうことにもなりかねませんので気をつける必要があります。正しいやり方を学んで、きちんと鼻水吸引器などを使いこなせるようになりましょう。 

赤ちゃんの鼻水を吸引してあげる方法

鼻水が詰まって赤ちゃんが苦しそうな時、手元に何も道具がない時は、直接鼻に口をつけて吸い取ってあげるという方法があります。抵抗があるという方もいるかもしれませんが、口で吸い取ってあげると力加減がわかりやすいので、赤ちゃんに余計な負担をかけなくても済むというメリットがあります。ただ風邪の菌も一緒に吸い込んでしまう可能性があるので注意が必要です。鼻水吸引器があるのであれば、それを利用して鼻水を吸い取ってあげるようにしましょう。この時の注意点はやりすぎないようにするということです。強く吸い過ぎると粘膜を傷つけてしまう恐れがあるので、例えばお風呂上がりであったり、湯気を吸わせたりするなどして、鼻水が柔らかい状態の時にやさしく吸いだしてあげるようにしましょう。

鼻水吸引器の種類はどんなのがある

鼻水吸引器は大きく分けて二つの種類があります。一つは柔らかいホースの様なもので、先端を赤ちゃんの鼻の中に入れて、逆側から口で吸いこむようにするタイプです。このタイプのものを使う時は肺活量が結構必要になりますが、比較的安く購入することもでき、使いやすいというメリットがあります。もう一つは電動式のものです。掃除機をイメージするとわかりやすいかと思いますが、先端を鼻に入れると自動的に鼻水を吸い取ってくれるので非常に簡単で楽に使えます。値段は少し高いですが、赤ちゃんから風邪などの菌をもらわないなどのメリットがあります。鼻水を吸い取る時には小鼻の横辺りをマッサージしてあげながら行うとよく吸い取れます。そしてどちらも使った後はきちんと洗浄して、清潔にしておくことが大切です。