鼻水吸引器のより効率的な使い方

鼻水吸引器を購入する際に知っておきたい事

赤ちゃんの鼻水や鼻づまりは、放置しておくと中耳炎や結膜炎などの原因になってしまいますから、できるだけ早く吸引してあげる必要があります。一番効果的な方法は、耳鼻科で吸引してもらうという方法ですが、頻繁に耳鼻科に通うのは現実的ではありませんから、自宅で吸引できる鼻水吸引器が有効な方法といえます。意外と知られていませんが、赤ちゃんは生後3ヶ月位までは鼻呼吸だけで、口呼吸ができません。そのため、鼻水を放置していると最悪の場合、窒息死してしまう危険性もありますから、定期的に鼻水を吸引してあげることは重要です。自宅で吸引することができる鼻水吸引器は、自分で鼻をかむことができない赤ちゃんには最適な道具ですから、できれば一家に一台は準備しておくと安心です。

鼻水吸引器の種類とメリット、デメリット

鼻水吸引器には、手動で吸引するタイプと電動で吸引するタイプの2種類があります。一般的に購入されているものは、大人が吸引する手動のもので、価格も安くコンパクトなので携帯にも便利だということで人気となっています。鼻に入れる先端部分も丸くなっていますから、奥まで入り過ぎることもなく、安全に利用することができることから、多くの人に選ばれています。ただ、ネバネバの粘度の高い鼻水などは、吸引が難しく、ウイルスに大人も感染してしまう可能性もあるというデメリットもあります。一方、電動で吸引するタイプは、一定の力で吸引することができ、粘度の高い鼻の奥にある鼻水も吸い取ることができます。ただ、価格が高額になることが多く、大きいため携帯には不向きというデメリットがあります。

鼻水の吸引器を購入するときのポイント

鼻水の吸引器は、子供の鼻水対策には欠かせない道具です。手動タイプと電動タイプのどちらを選べば良いのか、一番効果的な吸引器はどれなのかと迷っている人も多いかもしれませんが、それぞれにメリットとデメリットがありますから、事前に確認しておくことが大事です。どうしても迷ってしまうという人には、据え置き型の電動パワフルタイプの吸引器をおすすめします。手動タイプは、携帯にも便利で低価格で購入することができますが、鼻水のとれ方が違い、ネバネバとした鼻水はなかなかとることができません。このネバネバした鼻水は、寝ているときにのどの奥にたれて、せき込む原因にもなってしまいますから、できるだけ早く取り除いてあげる必要があります。パワフルタイプの電動吸引器があれば、耳鼻科に行かなくても鼻の奥の鼻水も取り除いてあげることができるのでおすすめです。

Scroll To Top